腰痛

こんな症状はありませんか?

    尼崎市(園田)ヤマモト鍼灸整骨院 腰痛

  • 慢性的に腰の痛みがある
  • ヘルニアの手術が必要だと言われた
  • 足のしびれ・坐骨神経痛がある
  • ぎっくり腰になった

尼崎市(園田)│ヤマモト鍼灸整骨院 腰痛の治療法は?

尼崎市(園田)ヤマモト鍼灸整骨院 腰痛

腰痛には慢性的な痛み、急性的な痛み、しびれ、坐骨神経痛、ヘルニアなどの痛みがあります。

腰の状態、左右差を確認して骨のズレを正し、筋肉の緊張を正します。研究の結果、腰痛にアイシングは意味がないと判明されたので、アイシングは行っていません。

腰に古くから溜め込んでいるしこりがある場合は慢性的な腰痛ですので、個々の腰痛に合わせて施術を行います。個々の症状に応じて鍼灸を使用する場合もあり、冷え性には鍼、自律神経からくる痛みの場合はお灸など、お客様と相談しながら進めていきます。

また、体のバランスは脳と身体に関連しており、運動不足も腰痛の原因になりますので、腰痛緩和とともに血流を良くして頭と体のバランスを整えていきます。

尼崎市(園田)│ヤマモト鍼灸整骨院 ぎっくり腰ついて

尼崎市(園田)ヤマモト鍼灸整骨院 ぎっくり腰

ぎっくり腰は病院に行ってもレントゲンでは大丈夫なので、湿布、コルセット、痛み止めの3点セットで帰宅ということが多々あります。

肝心の痛みは治らず、日にち薬で済ましてしまおうとされる方もいます。

そのぎっくり腰!実は突然痛みが走るのではなく、姿勢不良からぎっくり腰になるのです。

しっかりと問診をして体をほぐし、バランスを整えていきます。運動指導も行い、再発しない体が作れるように根本改善致します。

当院おすすめの歪み矯正はこちら!

歪み・骨盤矯正

尼崎市(園田)│ヤマモト鍼灸整骨院 深刻な子供の腰痛事情

幼少期の腰椎分離症、子供腰痛は危険!

「腰痛は大人がなる」≠「子供の腰痛はあります」

子供の腰痛

子供の腰痛で疲労骨折による、腰椎分離症は危険な症状で、腰痛の5番に発生し、亀裂が生じたり、分離したりします。レントゲンに写らず、見極めが難しい腰椎分離症を放置しておくと、大人になってから「脊柱すべり症」に発展してしまいます。
お子様の腰の痛みが筋力低下によるものか、病気によるものか、腰椎分離症なのかは当院でしっかりと見極めます。

腰椎分離症は主に小学1年生から中学1年生まで発症しやすく、中学1年生以降から30歳まではヘルニアが多いです。「子供の腰痛」施術に、今まで多くのお子様が来院されました。当院は腰痛の中でも子供の腰痛を見極めれる院として選ばれ、多数のお子様がいらっしゃいました。

「腰痛は大人がなるもの」としての間違った認識があるため、「子供の腰痛」に専門性の高い当院はクチコミだけでお客様の数を増やしてきました。子供の腰痛に関して家庭での運動指導やストレッチまで、しっかり行っていきます。

「子供の腰痛」で心当たりのある方は是非、当院へお越しください。

尼崎市(園田)│ヤマモト鍼灸整骨院 お問い合わせ・ご予約はこちら

受付時間
  • 06-6493-0039

    本院の地図

    本院のアクセス詳細

  • 06-6493-0300

    駅前院の地図

    駅前院のアクセス詳細

TOPへ戻る